梅津正樹氏(商工観光課)、布川はるか氏(やまがた長井観光局)

「michiの世界」

日時:2017 年 6 月 28 日(水)

講師:梅津正樹氏(商工観光課)、布川はるか氏(やまがた長井観光局)
場所:観光交流センター 道の駅 川のみなと長井

 長井に新しくオープンした「観光交流センター 道の駅 川のみなと長井」が担う役割と、まちなか誘導のため商品化されているアイテムの紹介を、長井市商工観光課の梅津正樹氏と、やまがた長井観光局の布川はるか氏に語ってもらった。
 この観光交流センターは、長井の玄関口として観光情報の発信や特産物の紹介などを行う施設であるとともに、「川のみなと長井」で人をとめて、「まちなか」へ誘導し、「まちなか」に留まってもらうことで“まちなかの賑わい創出”の拠点となる施設である。
 やまがた長井観光局は、道の駅内の観光案内所に入っており、ワンストップ窓口による観光案内を土日も含めて行っている。また、様々な分野の事業を連携させた旅行商品の開発・販売を行っており、まちなかで利用できる“まる得セットクーポン”など、お得な商品もあるので、市外の方のみならず市内の方にもぜひ活用していただきたい。
 講師の梅津氏は、道の駅は、新たな商品開発、新たな取り組みにより新たな魅力を発掘する場であり、完成品ではない。今後は道の駅を活用した未知なる世界“michiの世界”で、まちなかの賑わい創出と地域経済活性化のため挑戦につなげたいと語る。

work_image1

work_image2